ブログ

2022-10-09 06:00:00

バッタのポーズ:ヨガより背中のトレーニング

ヒューマンフィットネス東浦の檜垣です。東浦町はすっかり寒くなりました。服装やヒーターなどで温まるのも良いですが、運動をして体の内側から温めるのもおすすめですよ。

 

本日はヨガのポーズより背中を鍛えるトレーニングを紹介します。バッタのポーズです。

7_IMG_8185.JPG

 

完成形はこんな感じ。背中を締め、きれいな後ろ姿をつくるためにも良いトレーニングです。脚も上げることで太ももの裏や内ももそしてお尻にも刺激が入ります。寝る前に布団の上でちょちょっとできるポーズです。ぜひやってみましょう。

 

9_IMG_8166.JPG

 

まずはうつぶせになります。脚は腰幅程度に開きます。顔は少し横にずらしていただいても構いません。

 

8_IMG_8175.JPG

 

その状態から、まずは上半身を浮かせます。胸が少し床から離れる程度で結構です。そこから、脚も少し浮かせます。膝はなるべく伸ばして、脚の付け根から浮かせるのがポイントです。そして脚と脚をくっつけ、お尻や内ももにも力を入れます。

6_IMG_8194.JPG

 

さらに余裕があれば、腕を後ろに組み、肩甲骨を寄せます。肘を伸ばし、お尻から離すように上に引いていくとさらに肩甲骨が寄ってきます。この状態で、10~20秒ほどキープ。

 

一番よく聞くのは、おそらく背中です。上半身を持ち上げるのに腰回りの背中の筋肉をよく使います。手を後ろで組める人は、首の後ろあたりの背中まで効いてくると思います。腰に負担がある人は無理をせず、少し浮かせるだけでも十分です。重力に負けないように体の背面をしっかりと鍛えましょう。

 

背中の筋肉は放っておくとどんどん衰えてしまいます。それが猫背や円背につながりますので、こまめにこのポーズを行い、背中をシャキッとしておきましょう!

 

その他の背中・二の腕トレーニング

 

無料カウンセリング+体験レッスン予約はこちら