ブログ

2022-10-24 06:00:00

プリエ3種:お尻、内もも

ヒューマンフィットネス東浦の檜垣です。

本日はバレエの基本動作「プリエ」からお尻と内ももを引き締めるトレーニングを3種類、紹介します。

シュッとしたスキニーパンツやスーツが似合う、かっこいいお尻、太ももになりますよ!ぜひやってみてください。

 

まずは一つ目。

3_IMG_1096.JPG

 

かかとを合わせ、つま先を開いて立ちます。これだけです。お尻と内ももを締めて、その状態を10秒ほどキープしましょう。

つま先を外に大きく開くほどきつくなります。股関節が外に開きにくい、がり股は苦手だという人は、あまり大きく開かなくて構いません。いわゆる「気をつけ」の姿勢でも十分です。

 

2つ目はこちら。違いが分かるでしょうか?

2_IMG_1105.JPG

かかとを少し浮かせます。浮かせるとかかと同士が少し離れると思うので、そこでもう一度、かかととかかとを付けてください。

 

このようにかかとをあげると、さらにお尻と内ももに効きます。かかとはあまり高く上げなくても構いません。足の指や母指球をしっかり使って、バランスを取りましょう。

 

そして3つめ。

1_IMG_1117.JPG

 

スクワットです。つま先の方向に膝を曲げ、お尻をストンと落とします。正面から見ると、ちょうど「ダイヤ♦」の形になっていたら良いです。なるべく左右対称になるように、膝をしっかり開きましょう。下がって、上がって、を10回ほど繰り返します。

 

左右非対称のいびつなダイヤになってしまう人はいませんか?その場合、内に入っている方の膝を頑張って外に向けるか、つま先を少し内側にして強度を下げてください。膝とつま先の向きをそろえることが第一なので、足先の開き具合で調節しましょう。

 

0_IMG_1129.JPG

 

横からみると、こんな感じ。上半身はなるべく垂直にして、お尻は真下にストンと落とすイメージ。あまり深く曲げなくて構いません。

 

通常のスクワットと比較して、横から見ると縦長に収まりますね。ちなみに少し膝がつま先より前に出ていますが、このプリエの場合はあまり気にしなくて構いません。ただし、上半身が倒れすぎてしまったまま膝が前に出過ぎると、膝に負担がかかります。体は垂直に保つこと、は常に意識しましょう。お腹と背中も、使わないことはないですよ。

 

1つ目と2つ目はそれぞれ10秒ずつキープ、3つ目の上げ下げする方は10回ほどを目安に行ってください。お尻や内ももがかなり効いてきますよ。

バレリーナになったつもりで、ぜひやってみてください!

 

その他の脚・お尻のトレーニング

 

各種予約はこちら