ブログ

2022-09-26 06:00:00

ダウンドッグ:ヨガのポーズから

ヒューマンフィットネス東浦の檜垣です。昨日の東浦町は肌寒いぐらいで、秋の近さを感じましたね。

 

そういうわけで本日は、体を内側から温めるヨガのポーズから「ダウンドッグ」を紹介します。主に体の背面、背中、お尻、もも裏、ふくらはぎが良く伸びます。きれいな後ろ姿を手に入れたい方は必見!ヨガの中でも基本的なポーズといわれますが、体が張っていると感じている人、に不安のある方、あとは下向きになるので血圧に不安のある方は無理をせず、短い時間から始めてみましょう。

6_IMG_9613.JPG

写真のようなポーズを取ります。四つん這いの状態から膝を浮かせ、お尻を持ち上げます。お尻、かかと、指先をそれぞれ頂点とした三角形を作るイメージです。でしっかりと床を押し、お尻を斜め後ろに突き出しましょう。頭は腕と腕の間に入れます。余裕のある人は手の着く位置を体から遠ざけ、横に長い三角形を目指します。なるべく膝を伸ばしかかとを床に近づけるように曲げると脚の後ろ側が良く伸びます。

 

背中が丸くなりやすいので、横に鏡がある人は見ながら行うとポーズの修正がしやすいです。ただし、猫背の人、背中が丸まっている人は無理に伸ばすと痛いので、できる範囲でかまいません。ポーズが取れたらその姿勢をキープして、呼吸を続けます。また下を向くので、あまり長い時間保っていると頭に血が昇って気分が悪くなることがあります。最初はこのポーズをとるだけで時間がかかるので、10秒程度で一度降りてきましょう。

0_IMG_9705.JPG

正面から見るとこんな感じです。腕は耳の横あたりまで来てほしいです。肩が上がりにくい人は無理をせず行いましょう。肩こり程度の人は小さな動きからやってほしいのですが、四十肩・五十肩のようにそもそも腕が上がらない人はやめておいた方が良いでしょう。

 

ヨガの基本ですが、ぜひ呼吸を続けながら、吐く息・吸う息を感じてポーズをとってみてください。自分が思ったより、長くゆっくりとした呼吸です。始めたばかりは、どうしても形にとらわれて息を止めてしまいがち。力を入れるところもありますが、ご自身の身体と向き合って、呼吸ができる強度で行いましょう。

ヨガは、短時間でも続けることが特に大切です。伸びているところは感じてほしいのですが、ちょっと足りないぐらいでも良いと思います。普段伸ばしていないところが伸びるので、少しやっただけでも終わった後は気持ち良く、すっきりとしているはず。続けていると、あ、そういえばここの関節伸びるようになったな、ヨガのおかげかな、と思う時が来るかもしれません。気長にやっていきましょう♪

 

湿度も下がって空気も乾燥してきたように思います。引き続き水分補給をして、加湿器も適切に使用して喉を潤してくださいね!

その他のストレッチはこちら

無料カウンセリング+体験レッスン予約