ブログ

2022-10-16 12:00:00

ウォーキングの3つのポイント(3):歩数、時間、フォーム

ヒューマンフィットネスの檜垣です。前回、前々回に引き続き、ウォーキングのポイントについて解説します。

3回にわたって解説してきたウォーミングのポイントも、本日が最終回です。前回の記事はこちら

 

本日のテーマは、ウォーキングのフォーム。歩き方です。

 

23030271.jpg

 

ズバリ歩き方のポイントは、

・肘を曲げる

・かかとから着地

・内ももを使い、つま先を真っすぐ

・大股で歩く

です!

 

まずは腕振りについて。

ウォーミングは脚中心の動きに思われがちですが、腕振りも大事です。

肘はなるべく曲げたまま、後ろに大きく振り出しましょう。

 

腕を後ろに引いた時には肘が伸びてしまいがちですが、常にコンパクトに肘を曲げておくことで体幹が安定し、スムーズな脚運びが可能になります。

 

 

そしてかかとから着地するということ。

ランニングだと足裏全体かつま先から着地することもあるのですが、ウォーキングの場合はかかとから着地するのがポイントです。軽く足首を曲げ、かかとから着地、母指球で地面を押すようにして前に進みます。

 

 

つま先を真っすぐ、というのはO脚予防にも大切です。

つま先を真っすぐ向けるには内ももを使う意識があるとわかりやすいと思います。たまに足元を見てつま先が外に向いていないか、真っすぐ向いているか、チェックしながら歩くのも良いでしょう。

 

 

そしてなるべく大股で歩く意識を持ちましょう。

自然と背筋が伸び、お腹に力が入るようになります。

 

ウォーキングフォームでいうと、

「つま先真っすぐ」「大股」

というのを意識するだけでもウォーキングの速さは上がりますし、スイスイ進める感覚はあると思います。

初めはぎこちないかもしれませんが、慣れてくると気持ちの良いウォーキングタイムになるはずです。

 

今日のウォーキングフォームについて、そして前回までにお伝えしたウォーキングのポイントを押さえて、より良いウォーキングライフにしてください!

 

ウォーキングのポイント(1)はこちら

 

ストレッチはこちら(ウォーキング前後におすすめ)

 

入会を希望される方は無料カウンセリングからどうぞ!