ブログ

2022-10-31 06:00:00

ウォーリアⅡ:ヨガのポーズから

ヒューマンフィットネス東浦の檜垣です。10月も最終日です。ハロウィーンだからといってお菓子は食べ過ぎないように気を付けましょう。

 

本日はヨガのポーズから、「ウォーリアⅡ(戦士のポーズⅡ)」を紹介します。

名前だけは聞いたことがある人もいるかもしれません。足腰を強くする、背中を伸ばす、股関節の可動域を広げるなど、様々な効果が期待できます。

 

このようなポーズを取ります。順番にご案内します。

0_IMG_1504.JPG

 

まずは脚を肩幅よりも大きく開きます。

3_IMG_1282.JPG

 

次に、つま先の向きを変えます。まずは左足のつま先を外へ真横に、右足のつま先を内側に向けます。

写真の足元に注目してください。股関節が外に開きづらい人は、つま先を真横に向けるのが特に難しいので、開く範囲で大丈夫です。

4_IMG_1299.JPG

 

 

そして、左に上体をスライドしての膝を曲げます。上半身が傾かないように、垂直に保っておきましょう。横に倒れやすいです。

腕の高さがそろっているときれいです。首がすくみそうな人は、肩の力を抜きましょう。肩を少し下に下ろす感じです。

0_IMG_1504.JPG

 

こちらは横から見た写真。横から見た時も真っすぐ垂直になるよう、上体の角度に気を付けましょう。

 

腕も一本に見えるように、胸をしっかり開きます

0_IMG_1421.JPG

 

 

 

そして、膝の向きもチェックです。膝が内側に入りやすいので、つま先の向きと合わせるように注意しましょう。

つま先は真横を向いても膝が中に入りがちです。股関節が外に開きづらい人は、無理せずつま先の向きを少し内側にしてみます(必ずしも真横でなくても構いません)。

 

以上ご紹介したように、できれば正面からも横からも鏡で見て確かめるのがベストです。

キレイにできるようになりたい、気になる!という方は、ぜひ店舗まで足を運んでみてください。

 

その他の脚・お尻のトレーニング

 

初めての方はこちらからご予約ください

 

2022-10-28 06:00:00

足先ぽかぽか&足先ほぐし

ヒューマンフィットネス東浦の檜垣です。家にいても足先が冷えるということはありませんか?

冷え性の人でなくても、冬が近づくと足先が冷たく感じますよね…

 

そういうわけで本日は「足先ぽかぽか&足先ほぐし」をやっていきます。

この名称は私が勝手に考えたものですが、他に良い表現がなかったのでとりあえずこれでいこうと思います。

 

 

動画で確認したい方は↑をチェック。 

足先が温まると体全体もぽかぽかしてきますので、ぜひやってみてください。裸足になった方がやりやすいので、夜寝る前や朝起きた後のタイミングが良いはず!

 

3_IMG_1214.JPG

 

まずはイスに座って片方の脚を膝の上にひっかけます。まずは、足裏・足の甲、そして足先を触ってみてください。冷たくなっていませんか?

冷水で手を洗った直後だとあまり温度差は感じないかもしれません。ただ一般的には、手の指より足先の方が冷たくなりやすいと思います。

 

ですからまずは、両手で足裏・足の甲・足先を軽く押しながら、温めていきます。手の熱を足に伝えるように。靴下を履いていても悪くないですが、肌と肌の触れ合いを通して熱は伝わっていくので、できれば裸足でおこないましょう。

 

1_IMG_1229.JPG

 

温まてきたら、反対の手の指を足の間に差し込みます。できれば指の根元まで差し込んでほしいですが、足の指が開きづらい人、外反母趾気味の人はなかなか指が入っていかないと思います。第2関節、いや第1関節ぐらいまでしか入らないかもしれません。

 

でも気になさらず。とりあえず足の指と手の指が絡めばOKです。

そして指をからめてない方の手は、下の写真のように親指をアーチのあたりに添えます。写真でみると、右手の親指だけ隠れていると思います。

5_IMG_1192.JPG 1_IMG_1229.JPG

 

ここまで準備ができたら、足指の付け根から前後に大きく動かします。ちょっと写真ではわかりづらくて申し訳ありませんが、

 

手前に引いて足の甲を伸ばす。

足先を押し出して足の裏を伸ばす

 

を交互に行います。慣れてきたら、徐々に大きく動かしましょう。つらないように気を付けてください。特にアーチの部分は、違和感があればすぐに開放してあげましょう。

 

4_IMG_1196.JPG

 

最後は足首回し。指をからめていない方の手は足首よりも少し上(ふくらはぎやすねのあたり)を持ち、足首をゆっくり回しましょう。これも徐々に大きく動かしていきます。10回ほどできたら反対回しも行います。

 

この一連の流れ(大きく3種目)を片方終わったら、一度組んでいた脚をほどき、反対側も同じようにやります。

はじめは冷えが大きかったり指が入り込まなかったりしますが、ちょっとずつでも毎日続ければ、1週間ほどで指が入っていくようになります。

 

これから寒い季節が到来しますので、ぜひやってみてください!

 

 YouTube動画はこちら

 

初めての方はこちらから来店予約

 

2022-10-27 06:00:00

リーフレットができました!

ヒューマンフィットネス東浦の檜垣です。東浦町も秋が深まり、朝晩はかなり冷え込んできましたね…。

日中は秋晴れで温かい日もありますので、エアコンやお洋服の調節をして、風邪ひかないように気を付けましょう。

 

3_IMG_1141.JPG

タイトルにもありますが、ヒューマンフィットネス東浦の「リーフレット」ができました!

 

表紙には、ヒューマンフィットネス東浦のロゴ。そして

人間らしさを大切にしてあなたの健康で快適な生活をサポートします」という理念を掲載しました。

 

写真は表紙だけですが、他にも計6面ありますので読み応え・見応えがありますよ♪

当教室の概要に加え、檜垣の経歴や大切にしている思いなども綴りました。

ぜひ手に取ってみてもらいたいです!

 

現会員様はもちろん、店舗に来てくださった方にはお配りしていきますので、ぜひお越しになってご覧ください♪

 

YouTube動画はこちら 

 

初回の方はこちらから来店予約をお願いします!

 

2022-10-24 06:00:00

プリエ3種:お尻、内もも

ヒューマンフィットネス東浦の檜垣です。

本日はバレエの基本動作「プリエ」からお尻と内ももを引き締めるトレーニングを3種類、紹介します。

シュッとしたスキニーパンツやスーツが似合う、かっこいいお尻、太ももになりますよ!ぜひやってみてください。

 

まずは一つ目。

3_IMG_1096.JPG

 

かかとを合わせ、つま先を開いて立ちます。これだけです。お尻と内ももを締めて、その状態を10秒ほどキープしましょう。

つま先を外に大きく開くほどきつくなります。股関節が外に開きにくい、がり股は苦手だという人は、あまり大きく開かなくて構いません。いわゆる「気をつけ」の姿勢でも十分です。

 

2つ目はこちら。違いが分かるでしょうか?

2_IMG_1105.JPG

かかとを少し浮かせます。浮かせるとかかと同士が少し離れると思うので、そこでもう一度、かかととかかとを付けてください。

 

このようにかかとをあげると、さらにお尻と内ももに効きます。かかとはあまり高く上げなくても構いません。足の指や母指球をしっかり使って、バランスを取りましょう。

 

そして3つめ。

1_IMG_1117.JPG

 

スクワットです。つま先の方向に膝を曲げ、お尻をストンと落とします。正面から見ると、ちょうど「ダイヤ♦」の形になっていたら良いです。なるべく左右対称になるように、膝をしっかり開きましょう。下がって、上がって、を10回ほど繰り返します。

 

左右非対称のいびつなダイヤになってしまう人はいませんか?その場合、内に入っている方の膝を頑張って外に向けるか、つま先を少し内側にして強度を下げてください。膝とつま先の向きをそろえることが第一なので、足先の開き具合で調節しましょう。

 

0_IMG_1129.JPG

 

横からみると、こんな感じ。上半身はなるべく垂直にして、お尻は真下にストンと落とすイメージ。あまり深く曲げなくて構いません。

 

通常のスクワットと比較して、横から見ると縦長に収まりますね。ちなみに少し膝がつま先より前に出ていますが、このプリエの場合はあまり気にしなくて構いません。ただし、上半身が倒れすぎてしまったまま膝が前に出過ぎると、膝に負担がかかります。体は垂直に保つこと、は常に意識しましょう。お腹と背中も、使わないことはないですよ。

 

1つ目と2つ目はそれぞれ10秒ずつキープ、3つ目の上げ下げする方は10回ほどを目安に行ってください。お尻や内ももがかなり効いてきますよ。

バレリーナになったつもりで、ぜひやってみてください!

 

その他の脚・お尻のトレーニング

 

各種予約はこちら

 

2022-10-21 06:00:00

ソラシックツイスト:胸椎のねじり

ヒューマンフィットネス東浦の檜垣です。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、最近はトップページにて以下のようにYouTube動画を貼り付けています。

これまではブログにてトレーニングのやり方をお伝えしていました。最近はそれに加えて、写真+動画で、より分かりやすく伝わるようにYouTubeチャンネルでも紹介しています。ブログと合わせて、ぜひ動画もご覧ください!良かったら、チャンネル登録もしてくださいね。

 

1_IMG_0920.JPG

 

さて、本題ですが「ソラシックツイスト」を紹介します。「ソラシック」は聞き慣れない単語かもしれませんが「胸椎」という意味です。ですからソラシックツイストとは、「胸椎をねじる」種目です。

 

呼吸が浅い人、あとは腰が痛い人。胸が縮こまっている可能性が高いです。ストレスやデスクワークで緊張状態が続くと、胸が開きづらくなり、いろんなところに不調が出てきてしまいます。

 

胸椎というのは本来動かすことのできる、身体の特性上しっかり動かしたい部分です。本日紹介する記事を参考に、胸の開きを意識してやってみましょう。

 

3_IMG_0865.JPG

まずは四つん這いになり、片手を耳の後ろに添えます。手で床を押す感覚を持ってください。息を吸って…

 

2_IMG_0875.JPG

息を吐きながら、挙げた手の方向へ上体をねじります。胸を開く意識を持ちましょう。背中の上の方と、お腹もキュっとしまる感じがあるかもしれません。

 

一度ねじったら戻ってきて、再び同じ方向へねじる、というのを5~10回ほど繰り返します。

 

1_IMG_0889.JPG

この時の注意点は、「骨盤まで一緒に動かさないこと」です。写真のように、ねじった勢いで骨盤がずれてしまうと胸の開きが感じられません。骨盤の位置はそのままにして、上体だけねじるようにしましょう。

 

慣れないうちは、あまり大きく動かさなくても構いません。少し動かすだけで、胸やお腹が締まってくるのを感じられるはずです。

そして呼吸。息を止めてしまわず、動きに合わせて、呼吸を続けましょう。

 

反対側も同じようにやってみてください!

 

その他お腹・体幹のトレーニング

 

来店希望の方はこちらから予約を!

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...